2018年12月 9日 (日)

ISS 映像










いよいよ当地もモノトーンの季節に突入しました。遂に冬眠開始の様です。

今年は暖冬予報なので、晴れる日に期待したいものです。

撮れないので、ISSからの映像をボーっとみてます。綺麗だ。

2018年11月30日 (金)

国立天文台「ふたご座流星群を眺めよう 2018」キャンペーン




キャンペーンのお知らせが届いていたので転載します。

以下転載

==========================================
|                                                                            |
|     「ふたご座流星群を眺めよう 2018」キャンペーンのお知らせ        |
|                                                                            |
==========================================

■----------------------------------------------
■   ★ ふたご座流星群の活動が活発に
■----------------------------------------------

ふたご座流星群の活動が、12月13日、14日の夜を中心に活発になると予想され
ています。

今年のふたご座流星群は、上弦に近い月が夜半頃に沈み、その後はたいへん
よい条件で流星を観察することができます。

■----------------------------------------------
■   ★ キャンペーンに参加しよう
■----------------------------------------------

国立天文台では、多くのみなさんにこのふたご座流星群を観察していただ
こうと、12月12日夜から12月15日朝まで
           「ふたご座流星群を眺めよう 2018」キャンペーン
を実施します。
みなさまの参加をお待ちしています。

◆キャンペーンサイトを今すぐチェック!
https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201812-geminids/

キャンペーンサイトには、流星観察のポイントや流星群の流星の見分け方などを
掲載しています。

■----------------------------------------------
■   ★ 詳しい情報はこちら
■----------------------------------------------

◆今年のふたご座流星群について、さらに詳しい情報は以下のページで。
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/geminids2018/

■----------------------------------------------
■   ★ キャンペーンに参加する最後のチャンス
■----------------------------------------------

国立天文台がおこなう天文現象観察キャンペーンは、今回をもって終了する
こととなりました。
SNSなどインターネット上のコミュニケーション・ツールが発達し、夜空を
見上げるきっかけとなる天文現象を皆さんに知っていただくために、
キャンペーンという形で呼びかけをおこなうことがそれほど重要では
なくなった、というのが大きな理由です。
今後も、国立天文台は、天文現象に関する情報をウェブサイトやSNS等で積極的
に発信していきます。キャンペーンという形ではなくなりますが、引き続き、
一般の皆さんが天文現象の情報に触れる機会を増やすお手伝いができればと
考えております。
これまでキャンペーンにご参加くださった皆さん、そして、キャンペーンに
関連して天文現象に感心をお寄せくださって皆さん、ありがとうございました。
最後のキャンペーンを皆さんに楽しんでいただければと思います。

ご登録いただいたメールアドレスにお送りしておりますこのお知らせも、今回
のキャンペーン期間終了後にお送りするものが最後となります。
今後も天文現象についての情報をお知りになりたい方は、国立天文台が作成
しております「ほしぞら情報」をご利用ください。「ほしぞら情報」では、
毎月おすすめの天文現象を取り上げて、観察のための情報を提供しています。
その中でも特に注目される天文現象につきましては、「特集」で取り上げ、
詳しく解説しています。
また、国立天文台が発信しているTwitterでは、天文現象の情報に加えて、
国立天文台のイベントや研究成果など、盛りだくさんの情報を発信しています。
ぜひご利用ください。
それぞれの天文現象に関する基本的な解説につきましては「基礎知識」をご覧
ください。月食や流星群の観察方法についても説明しています。

◆ほしぞら情報
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/

◆特集
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/

◆Twitter
https://twitter.com/prcnaoj

◆基礎知識
https://www.nao.ac.jp/astro/basic/

-----------------------------
国立天文台 天文情報センター
==============
**********************




2018年11月25日 (日)

いっかくじゅう座 カモメ星雲




Photo

2018 11/10~11 Izumi Skiing area parking lot
IC2177 / Seagull . Nebula
430mm / Full size







県境遠征メジャー星雲捕獲最後は 「カモメ星雲」
これが今期最後な予感。。。

夜の長い時期と言っても流石に一晩3対象ともなれば時間制限が...
薄明近くまで頑張って 総露光時間 1h

総露光時間が短くても処理方法は得意の無理やり!
荒れ荒れ大魔王降臨! まっ、大魔王とは親友なので それはそれ!!
あの手...この手...その手...どの手??? いつもの邪道処理で
派手派手第三弾は こんな感じに仕上がりました。

2018年11月19日 (月)

いっかくじゅう座 バラ星雲




The_rosette_nebula

2018 11/10~11 Izumi Skiing area parking lot
NGC NGC 2237,2238,2239,2244,2246 / The Rosette Nebula
430mm / Full size(APS-C Crop)







県境遠征メジャー星雲第二弾は 「バラ星雲」


明るい星雲なので、短時間露光でもいけるだろう!って安易な判断だっのたが そうは問屋が卸さなかった様で.....
中心部の NGC2246 付近(Yの字に見える部分とか)残念ながらなんだかもやっとした写り....
もう少し分解してくれると思ってたんだけどなぁ。。。
クローズアップ作品の様に網網には程遠い.....これってデジカメでは無理なのか?
いやいや機材のせいにするのは愚の骨頂...精進が足りない様です。

まっ、写ってない物は嘆いても出てこないので諦めて...
いつも通り、これでもかぁぁぁぁぁ!の強調処理で、私好みの派手派手に仕上がりました。

さてさて、バラ星雲とは全く関係ないのだが、とあるサイトで興味深いエントリーを見かけたので書いとこっかな。
最近流行りのブルーライトをカットするメガネや老眼鏡、こいつをかけると 緑と青の判別ができなくなるらしい。。。。

私はこの手のメガネを所有していないので試せないが、天体の画像処理で微妙な青や緑を 判別できないとなると....

続きを読む »

2018年11月12日 (月)

オリオン座 M78 ウルトラマン星雲



M78ngc_2068_2

2018 11/10~11 Izumi Skiing area parking lot
M78(NGC 2068)/ Barnard's Loop (Sh 2-276) / Ultraman Nebula?
430mm / Full size(APS-C Crop)






10~11日 今期最後になるかもの新月期
SCW.Windy 共 潜伏地域上空は雲.雲.雲だが岐阜方面は晴れている。
悩んだ挙句、雲の境目地域に向かう事に...

私には珍しく片道1.7h大移動!!
結果は朝まで快晴!

冬メジャー星雲 3対象捕獲できた。

捕獲第一弾は「ウルトラマン星雲」
実は、こいつを撮影途中で乾燥空気送ってるポンプが何故か停止....手元も見えない暗闇でケーブル引っかけたか...
気付くまでに、ほんの少し主鏡が曇り始めていたらしく、淡い部分に影響が出た。

今更どうしようもないので、細かい事は気にしない気にしない!!

総露光時間2.2h

いつも通り コテコテ派手派手仕上。

2018年11月 1日 (木)

馬頭星雲 トリミング版




Sup







今晩の予報は20時過ぎまでは真っ黒。
ニワトリで試してみたい事があったのだが....

現在全天ドン曇り 雨降ってる。
おぃ!

某所にトリミング画像アップしたので、ついでにこちらにもアップ。
馬頭と燃える木 この大きさも良いね。

2018年10月18日 (木)

カシオペア座 胎児星雲  10/22追記有り




Ic1848_ic1871_2

2018 10/9 365 Skiing area parking lot
IC1848 / IC1871 (Soul nebula)
430mm / Full size(APS-C Crop)







平日遠征 最後は カシオペア座の胎児星雲

総露光時間2h

何故だか何回トライしてもフラットが合わず四苦八苦...

意思が軟弱なので、速攻挫折...悪魔の囁き伝家の宝刀 トリミング !!

深い部分を打倒すべく策を練ったが、返り討ちにあった。

こいつは隠れ泡物だな。。。。。

続きを読む »

2018年10月13日 (土)

オリオン座 オリオン大星雲周辺




Great_orion_nebulam42running_man_ne

2018 10/9 365 Skiing area parking lot
Great Orion Nebula(M42)/Running Man Nebula
600mm / 0.6REDUCER + 1mm T-MOUNT / 約400mm APS-C(Filterless改造)








平日遠征その2は オリオン大星雲周辺
これでもかぁ! のこてこて処理。
総露光時間2.26h + 多段階露光用 かなぁりいっぱい。

写ってない物は頑張っても出てこないのだが.....
諦めが悪く 弄り倒した。

収差があるとか、星像がでかいとか 気にしない気にしない。

80mm屈折君はよく頑張った頑張った。

 

2018年10月10日 (水)

オリオン座 馬頭星雲周辺




Ic434_ngc2024_horsehead_nebula_flam

2018 10/9 365 Skiing area parking lot
IC434(Horsehead Nebula) / NGC2024(Flame Nebula)
430mm / Full size(HKIR改)







前回の新月期に続き平日遠征 今回はメジャー星雲狙い。

馬頭周辺をいつも通り派手めに仕上げてみた。

総露光時間は1.38h

この露光時間だと明るい「馬頭」と「燃える木」はそれなりに写るが 周辺の淡い部分は寂しい。

次回新月期頃なら撮影可能高度にたっする時刻も早いので、じっくり撮影できるかな。

2018年10月 9日 (火)

悲しい3連休




Photo






新月期の連休...残念ながら3日全て仕事。諦めモード全開だったのだが.....

天は我を見放さず! 昨晩 SCW .Windy 共に朝まで雲なし。

貴重な晴れ間 メイン撮影場所の11月新月期はそろそろ昼夜人工造雪機稼働開始する為怪しい....

これは、平日なんて言ってられないぞ!

強引2セット展開!!! 朝まで頑張って なんとか3対象捕獲。いやぁ...眠い眠い。。。。。

処理は後日。

フォトアルバム
見逃せないサイト
★ G さん:
団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌/

☆ にゃあ さん:
天体写真はじめるよ/

★ あぷらなーと さん:
あぷらなーと/

☆ kame さん:
毎日晴れて欲しい。。。/

★ Matt さん:
星に願いを!!/

☆ ひろたろう さん:
のぼうの星/

★ 星船 さん:
星空旅・写真旅/

☆ 安倍奥のToshi さん:
安倍奥の星空/

★ 磯じい さん:
磯じいの天体写真ライフ/

◆ カズノコ さん:
おっさんのひとり言/

◆ 山本 さん:
Con Cielo y Tierra Libre/

◆ めりー さん:
うさぎは乗っていません/