« 国立天文台「ふたご座流星群を眺めよう 2018」キャンペーン | メイン | バラ星雲 3D »

2018年12月 9日 (日)

ISS 映像










いよいよ当地もモノトーンの季節に突入しました。遂に冬眠開始の様です。

今年は暖冬予報なので、晴れる日に期待したいものです。

撮れないので、ISSからの映像をボーっとみてます。綺麗だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/522406/34161907

ISS 映像を参照しているブログ:

コメント

こちらも兵庫県の北部ですが、昨夜から雪が降り出しました。
積もっているのはまだ屋根の上とか程度ですが、いよいよ冬眠期になってしまいましたね。。。

しかし私は、今年は秋もものすごく不完全燃焼だったので、ちょっとくらいは遠征に出てみようと思ってます。

・・・まずは遠征地探しをせねば。(^^;

# kame さん

こんばんわ そちらも冬眠期突入ですか?
こちら福井も昨日から霙が降ってます。
まだ積雪はないですが、今年2月の様な豪雪は勘弁してほしいです。

ここから雪のない地域に遠征って事だと関西方面になるんだけど
都市部に近くて明るそうなんですよねぇ......

雲の切れ間に淡い期待しながら例年通り春まで冬眠します。

やはり冬はみなさんも冬眠なんですねー。
こちら札幌は、今日は日中だけで30cmの積雪の予報です。ハズレますように。
雪が積もると、雪が光を反射して街が余計に明るくなります。
これ、残念な感じですよねえ?(涙)
ところでやっとドリフトできたと思います。自動導入して12.5mmアイピースで中心から少しズレるくらいなので、あとはマニュアルで微調整していますけど、どうでしょうか。
いまダーク減算で転んでいました、やっと何とかなりそうな気がしてきましたけど週末また処理してみます。

# めりー さん

おばんでございますぅ。

雪国潜伏組は冬眠ですねぇ...

車で1~2時間圏内で雪のない暗い場所があるなら即出撃しますが、そんな場所はないのですぅぅぅ。。。。

で、極軸調整何んとかなった様でなによりです。
長時間露光でDSOを狙う様になってくると精度が必要ですが、その時に対応したらよいかと...

でで、ダーク&フラットは奥が深く熟練工な皆様も試行錯誤されている様です。
めりーさんの現在の撮影スタイルは低感度、短時間露光なので、変化がわりにくいかもですね。

ちなみに私は iso3200 常用です。

コメントを投稿

フォトアルバム
見逃せないサイト
★ G さん:
団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌/

☆ にゃあ さん:
天体写真はじめるよ/

★ あぷらなーと さん:
あぷらなーと/

☆ kame さん:
毎日晴れて欲しい。。。/

★ Matt さん:
星に願いを!!/

☆ ひろたろう さん:
のぼうの星/

★ 星船 さん:
星空旅・写真旅/

☆ 安倍奥のToshi さん:
安倍奥の星空/

★ 磯じい さん:
磯じいの天体写真ライフ/

◆ カズノコ さん:
おっさんのひとり言/

◆ 山本 さん:
Con Cielo y Tierra Libre/

◆ めりー さん:
うさぎは乗っていません/