2018年9月24日 (月)

ペルセウス座 NGC1333~vdB16 周辺




Ngc1333vdb162500

2018_09/18 365 Skiing area parking lot
NGC1333 / vdB13 / vdB16
430mm / Full size(APS-C Crop)







平日遠征のメイン対象は「NGC1333 .vdB13 . vdB16 と周辺の星間雲」
確保できた総露光時間は2.5h 

いつも通りの無理やり炙り出しでなんとか姿を現した。

滑らかにするにはまだまだ時間が足りないが
諦めていた今新月期に予定対象捕獲できたので十分満足。

次の新月期はオリオン周辺かな。

2018年9月21日 (金)

カリフォルニア星雲 ~ 昴 周辺




4

2018_09/18 365 Skiing area parking lot
NGC1499 / IC348 / NGC1333 / M45
70-200mm/f2.8 → 85mm/f3.5/APS-C








今新月期完全に諦めていた.....

が...

17日日付が替わる頃から予報は真っ黒。
平日ではあるが撮影に出かけた。

到着時はそれなりに雲が広がっていたが、予報より若干遅れて晴れ間が広がった。
薄明まで撮影したいところだがそこは平日 !!   撤収時間を考慮すると3時リミットか....

撮影中はもちろん仮眠.....

メイン撮影中にボラリエ+カメラレンズ でNGC1499~IC348、NGC1333~M45 を放置撮影した。

ただ.....

なんと、ノーマルカメラで撮ってしまった....
パソにデータ落とすまで全く気付かなかった...こんな事も...って普通はないか....

しかぁも、淡い部分が悲しい位写っていない。。。
メイン対象が心配になってきた.....

続きを読む »

2018年8月23日 (木)

ケフェウス座のシャーク星雲周辺




Photo_2

2018_08/18 365 Skiing area parking lot
LDN 1251/LDN1235/vdB150/16 Cep/24 Cep/
430mm / Full size(HKIR改)








こいつは vdB152 と同一画角に収めた作例が多いが 今回は鮫上部の方の星雲と一緒に収めてみた。

画像左上の星雲 こいつのお名前はぁ???

ご存知な方 教えて下さい。 m(_ _)m

しっかし、鮫って淡い....
一晩 "2対象は撮りたい" 私には手に余る相手だ....
まっ、でも 姿は見えたから、ごちそうさまでした。

2018年8月19日 (日)

ケフェウス座のIC1396




Ic1396

2018_08/18 365 Skiing area parking lot
IC1396
430mm / Full size(HKIR改)







メイン対象撮影中 反転の危機が訪れて悩んだ挙句 サブ対象に移行した。

狙ったのは、直ぐ近くの IC1396

そのまま薄明まで撮り続けたので1.5h 位は確保できたつもりだったのだが......
広がり始めた薄雲の影響は大きく、使えたのは 237.6 × 7 
総露光時間 27.72分


30分弱で無理やり炙り出したわりには意外と写っていて我ながら吃驚。

続きを読む »

2018年8月18日 (土)

予報は外れて.....




Stitch400







夏季休暇中連日夜の SCW は 真っ白...
昨晩 赤外では雲がなかったので、撃沈覚悟でメイン撮影場所へ!

到着してみると、低空に薄雲があるものの満点の星。
このまま雲が広がらない事を祈って撮影開始。
AM3:00頃 薄雲が天頂付近まで広がり始めて終了。。。
今新月期諦めていたが、なんとか撮影できてよしよし。

2018年8月 3日 (金)

国立天文台「夏の夜、流れ星を数えよう 2018」キャンペーン




キャンペーンのお知らせが届いていたので転載します。



以下転載

=========================================
|                                                                            |
|     「夏の夜、流れ星を数えよう 2018」キャンペーンのお知らせ     |
|                                                                            |
=========================================

■--------------------------------------
■   ★ ペルセウス座流星群の活動が活発に
■--------------------------------------

ペルセウス座流星群の活動が、8月12日夜を中心に活発になると予想されています。

今年のペルセウス座流星群は、極大は日本の昼間に当たるものの、月明かりの
影響はまったくなく、たいへんよい条件で観察できます。

■--------------------------------------
■   ★ キャンペーンに参加しよう
■--------------------------------------

国立天文台では、多くのみなさんにこのペルセウス座流星群を観察していただ
こうと、8月11日夜から8月14日朝まで
           「夏の夜、流れ星を数えよう 2018」キャンペーン
を今年も実施します。
みなさまの参加をお待ちしています。

◆キャンペーンサイトを今すぐチェック!

 ▽「夏の夜、流れ星を数えよう  2018」キャンペーン
    https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201808-perseids/

キャンペーンサイトには、流星観察のポイントや流星群の流星の見分け方などを
掲載しています。

■--------------------------------------
■   ★ 詳しい情報はこちら
■--------------------------------------

◆今年のペルセウス座流星群について、さらに詳しい情報は以下のページで。

 ▽特集 ペルセウス座流星群2018
    https://www.nao.ac.jp/astro/feature/perseids2018/index.html

===================================

2018年7月29日 (日)

ケフェウス座クエスチョンマーク星雲上部




Photo_2

2018_07/14~15 365 Skiing area parking lot
NGC7822 / Ced214
430mm / Full size(APS-C Crop)






今回撮影最終版

メイン対象が撮影可能高度にくるまで、「クエスチョンマーク星雲上部」 を撮影した。

今回は 「小バラ星雲(Sh2-170)」を外して円弧を描く「NGC7822」と うねうね暗黒帯が横切る「 Ced214」

暗黒帯フェチの私は上部のみの方が好み。

続きを読む »

2018年7月28日 (土)

MEGASTAR-Neo




Photo







久々にプラネタリウムに行ってきた。 見たかったのは MEGASTAR-Neo(星ナビに掲載有)

以前みたMEGASTAR-IIBと最新機種での違いを体感したかった。

実際の星空には遠く及ばないが、一般の方が星空を身近に感じるには最適だろう。

___________________________________________________________________

この施設での一般観望会は「金沢星の会」の皆様がサポートしている

2018年7月24日 (火)

はくちょう座サドル周辺の星雲群




500 2018_07/14~15 365 Skiing area parking lot
70-200mm/f2.8 → 85mm/f4.0/APS-C(Filterless改造)







メイン対象を先にアップしてしまったので、カメラレンズ撮影分に戻る....

この辺りはほぼ単一色だからクローズアップよりも、これ位かもっと広角撮影の方が好み。

マイナーから一転超メジャー対象。

2018年7月17日 (火)

vdB158 and LBN534




Photo

2018_07/14~15 365 Skiing area parking lot
vdB158 / LBN534
430mm / Full size(APS-C Crop)





今回のメインターゲット「vdB158 and LBN534」

国内作例は少なく、私の環境で写るのか不安ではあったが どうしても撮影してみたかった....

実は一番最後に時間をかけて処理する予定だったのだが.....

昨晩、どの程度写っているのか気になって、マスクとか面倒な処理は無しで 仮処理してみたら意外と写っていた。

もう我慢できずに、そのまま処理続行。 本日帰宅後仕上げ処理。

遠征した訳でもないのに寝不足で眠い....

こいつの場所は カシオペア座~アンドロメダ座 の間位。

マイナーな対象だが、淡くて大きくてなんとも美しい!

なんとか無理やり炙り出したものの、デジカメだと10数時間と言うだけあって、滑らかにするには かなぁり露光時間不足......

私の環境でも写る事は確認できたので、 機会が有れば、撮り増しして再処理してみたい。

フォトアルバム
見逃せないサイト
★ G さん:
団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌/

☆ にゃあ さん:
天体写真はじめるよ/

★ あぷらなーと さん:
あぷらなーと/

☆ kame さん:
毎日晴れて欲しい。。。/

★ Matt さん:
星に願いを!!/

☆ ひろたろう さん:
のぼうの星/

★ 星船 さん:
星空旅・写真旅/

☆ 安倍奥のToshi さん:
安倍奥の星空/

★ 磯じい さん:
磯じいの天体写真ライフ/

◆ カズノコ さん:
おっさんのひとり言/

◆ 山本 さん:
Con Cielo y Tierra Libre/

◆ めりー さん:
うさぎは乗っていません/