« 天敵 Natural enemy | メイン | センサークリーニング »

2017年3月25日 (土)

ポタ赤 バランスウェイト加工




Polarie







愛用ポタ赤はポラリエ。←買い換えの予定無し(壊れたら大陸製小型赤道儀買って余っているモーター付ける。)

ポラリエには以前からバランスウェイトを付けて使用していたが、積載重量制限もあって

重量級レンズは使用できなかった ← 不安で....

昨年純正ポラリエ用ステップアップキットなる物が発売となりカタログには

「力学的に有利な構造にするアクセサリーです。カウンターウェイト等(別売)を使用し重量バランスを合わせることで、カメラなどの機材を最大6.5kgまで搭載できます」とある。

んじゃ試してみるか....って事でウェイト調節してバランスを取ってみた。

試写してみたが、それなりに使えそうな感触。

晴れたら実戦投入してみよう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/522406/34050548

ポタ赤 バランスウェイト加工を参照しているブログ:

コメント

かなり改善するもんなんですね、6.5キロまでとは驚きです。
我がナノトラッカーはもともと頑丈じゃないみたいですから、
何をしても無理でしょうが・・・
ただ回転はスムーズになるような気はしますけどね。
ナノトラ用のステップアップキットなんかがないかな~(^^ゞ

# カッパラムダミュー さん

クランプフリーにして指で回してみると、バランスの大事さが実感できますよね。

カッパラムダミュー さんのナノトラは対策済みだから、後は微調位でしょうか??

ポラリエは6.5kgですか。スカイメモは5kgなんですよね。負けた。
シャフトが長いようですがこれだとウエイトも少なく済むし良いですね。
ただカメラと重量レンズだと時間と共に微妙にバランスが狂って来ますが
その場合はどうされているのでしょうか。

# G さん

以前カメラ三脚を使用している時は歩留まり悪かったのですが
三脚をこいつに変えてから別物?ってくらい良くなりました。

カメラ三脚使用なら積載可能重量に余裕があったとしても、広角~標準レンズが無難なんじゃないですかねぇ。

長焦点を使う予定はないので、躯体強度を確保できれば
一般的なノータッチガイドとさほど変わらないのでは?って思っています。

コメントを投稿